おすすめの英語絵本:「THE RAINBOW FISH」/「にじいろのさかな」


【おすすめの英語絵本】

<英語版>

The Rainbow Fish



 [amazon] → THE RAINBOW FISH

 [楽天ブックス] → THE RAINBOW FISH


[書名] : THE RAINBOW FISH
[出版社]: NORTH-SOUTH BOOKS
[著者] : MARCUS PFISTER


<日本語版>

にじいろのさかな (世界の絵本)



 [amazon] → にじいろのさかな

 [楽天ブックス] → にじいろのさかな


[書名] : にじいろのさかな
     (THE RAINBOW FISH)
[出版社]: 講談社
[著者] : マーカス・フィスター (MARCUS PFISTER)
[翻訳] : 谷川俊太郎

[詳細]
マーカス・フィスターの「THE RAINBOW FISH」(日本語訳:
にじいろのさかな)です。

虹色に輝くうろこを持った、世界で一番美しい魚「にじうお」。
にじうおは、その美しさゆえプライドが高く、いつもひとり
ぼっちでした。
でも、タコのアドバイスで、独り占めしていた綺麗なうろこを
みんなに1枚ずつ分けてあげると…。
というお話。

優しく落ち着いた彩色の素敵な絵本です♪

私が一番印象的に感じた部分はこちら↓
“And the more he gave away, the more delighted he became.”
(そして、うろこを あげれば あげるほど、うれしく なった)

それにしても…、
「うろこ」って英語で「scale」(スケール)と言うのですね。
(「scale」(物差し、尺度、規模、スケール)と同じ単語だった
  とは意外でした!)

(英語はさておき…、
 個人的には、タコの描き方が「なるほど~。こう描くか」と
 思いました。
 一般的な日本人が描くタコとはちょっと違います)



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 
関連記事

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

シロクマ

Author:シロクマ
ワーキングホリデー制度を使用しカナダのバンクーバーに滞在したこともありましたが…。
「私は英語が苦手なの」といつも言い訳ばかりで逃げている30代の主婦(幼児3人を育児中)です。
いい加減そろそろ、英語の勉強を再開することにしました。えぇ。
2017年もブログ更新中!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
Amazon (アマゾン)
【本】-【語学・辞事典・年鑑】
最新ランキング
検索フォーム
リンク
おすすめ英語教材
【初級者向け】
イングリッシュ・クイックマスター 英会話 basic
(旧:英会話コエダス)

【中級者・上級者向け】
1000時間ヒアリングマラソン

【乳幼児向け】
エンジェルコース
楽天市場
NHKテキスト
その他
フォトブック


写真プリント


宅配弁当惣菜


ポイント還元