今日のキーフレーズ from おとなの基礎英語 Episode 047:What a beautiful building!(なんてきれいな建物なんでしょう!)


今日は「おとなの基礎英語」(オトキソ)から
2014年12月24日(水)のフレーズをご紹介します。

~ これ英語で何と言う? ~
<今回のシチュエーション>
  ルームメイトのリサにハワイ(オアフ島)の観光スポットを
  案内してもらっている美佳。
  次にやって来たのは、100年以上の歴史を持つ建物、ハワイ州
  の最高裁判所です。
  その堂々とした佇まいに驚いた美佳は、
  「何てきれいな建物なの!」
  と言いました。
  さて、この時のセリフ、英語では何と表現する?

 番組内での回答は、
 “What a beautiful building!” でした。

 今回のフレーズはとても簡単でしたね♪
 
<エピソード047 Episode 047)のキーフレーズ>
 “What a beautiful building!
 (なんてきれいな建物なんでしょう!

公式サイトの解説によると、
 とても驚いたという感情を表現するときに使うWhat (a/an)+
 形容詞+名詞(+主語+述語)+!は、特別な文の形です。
 感動したり、感激したりしたときに使うことが多いパターン
 です。
とのこと。

番組内の解説でも、
「What」+(a / an)+「形容詞」+「名詞」+感嘆符(!)
で驚きを表現できると説明していました。

形容詞の無いパターンとしては、
 “What a day!”(なんて日だ!)
のように言うこともでき、この場合は(形容詞がないので)
良い日なのか?悪い日なのか?は状況で判断することになる、
とも言っていました。

「what」を使った驚きを表すフレーズとして、以下の例文も
紹介されていました。

(1).“What a wonderful day!”
  (なんて素晴らしい日なんだ!)

(2).“What a waste!”
  (なんてもったいないことを!)
   ※ 「waste」は「無駄、浪費」を意味します。

(3).“What a nightmare!”
  (なんてことだ!)
   ※ 「nightmare」は「悪夢」を意味します。
     とても信じられないような悪い事が起きた時に使います。

この他、ミニ英語ドラマの中で、気になったものとして、リサが
言った、
 “Ta-da!”(ジャジャーン!)
というセリフがありました。

私は、日本語の「ジャジャーン」に該当するこの英語を知って
いましたが、今まで、ずっと「タラーン」って言っているのか
と思っていました。
でも、「Ta-da」だったんですね。(初めてつづりを知りました…)

それから、美佳とリサの会話で、
 美佳:“When did Hawaii become an American States?”
    (ハワイはいつアメリカの州になったの?)
 リサ:“It became the 50 states in 1959.”
    (1959年に50州に入ったわ)
 美佳:“Oh! That's the year my mother was born.”
    (え!それ私の母の生まれた年よ)
 リサ:“Oh! Is that right? So, how old is your mother?”
    (あら、そうなの?それで、お母さんはいくつなの?)
 美佳:“Well, if you asked her, she'd say she's 25.”
    (んー、もしあなたが聞いたら、25歳って言うわよ)
と言っているのがありましたね。

美佳のお母さんは永遠の25歳なのですねぇ。
まぁ、確かに、私も、25歳くらいが丁度いい時期だったかも???
(苦笑)



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 
関連記事

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

Amazon (アマゾン)
プロフィール

シロクマ

Author:シロクマ
ワーキングホリデー制度を使用しカナダのバンクーバーに約1年間滞在したこともありましたが…。
「私は英語が苦手なの」といつも言い訳ばかりで逃げている主婦(幼児3人を育児中)です。
マイペースにゆる~く英語を勉強しています。
2020年もブログ更新中!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
楽天市場
NHKテキスト
その他
フォトブック


年賀状プリント


写真プリント1


写真プリント2


宅配弁当惣菜


ポイント還元


ブランディア
お友達紹介キャンペーン

【co-opdeli】

通信教育