ルピシア・オリジナルの「九谷焼」(青郊)の豆皿が届きました~♪ (I received Kutani-yaki ceramics I ordered last week.)


せっかく日本人なので、
日本の伝統工芸をもっと
身近に感じるぞ!

…と思い、ルピシアの
「九谷焼の豆皿」
を注文したと書きましたが…。
2020/02/14のブログを参照)

今週、届きました~。

“I received Kutani-yaki ceramics
 I ordered last week. ”
(先週注文した九谷焼が届いたわ~)

私が選んだのは、
春の青空に棚引く雲と舞い散る
桜がデザインされた
「桜雲文(さくらうんもん)」
の豆皿です♪

20200219_ルピシア_九谷焼_豆皿_桜雲文

↓ 豆皿の一覧
https://www.lupicia.com/shop/pages/mamezara.aspx
(九谷焼の窯元「青郊」)

ルピシア・オリジナル
(窯元「青郊」)の
九谷焼の豆皿で、お値段は
税込1200円!(本体価格1,090円)

最初は「皿立て」を買って、
この豆皿を飾っておこうかな~♪
と思っていましたが…。

届いた品物を良く見ると、
1箇所、引っ掻き傷のようなモノが
あったので、普段使いすることに
しました。
(言われなければ、気付かない程度
 の傷だったので、まぁいいか~)

「飾り」ではなく「普段使い」なら、
 ・吉祥桜(きっしょうさくら)
 ・桜組子(さくらくみこ)
あたりの柄にすれば良かったかな?!
とか思ったのですが、

ルピシアのウェブサイトを見たら、
どちらも、既に!
「完売御礼」
となっていました~。

えー?!
これ、2/14から販売開始だったはず。
2/17の時点で売り切れとは…。

意外と人気なんですね。
(販売枚数が気になる…)

ちなみに!
------------------------------
九谷焼の最大の魅力は、
何といっても華やかな絵柄と
優美な色彩にあります。
特に、九谷五彩
(緑、黄、赤、紫、紺青)
と呼ばれる5色の和絵具
(わえのぐ)を使い、
厚く盛り上げて塗る
「上絵付け」
は、九谷焼の特徴です。
------------------------------
とのこと。

ルピシアから販売されているのは、
高価で観賞用の皿ではなく、
日常食器として使えるように、
高い品質を保ちながら、
手頃な価格の商品となっている
そうです。

(青郊では、九谷焼の絵付けを
 印刷で行っているそうです。
 和絵具を重ねて転写紙を作り、
 それをシールのように器の表面
 に貼り合わせ、焼き上げるとか)

あのカラフルで優雅な食器が
お手頃価格で手に入り、
普段使いできるのは良いですよね!

私は茶菓子を置くお皿として、
愛用したいと思います♪



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 



関連記事

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

Amazon (アマゾン)
プロフィール

シロクマ

Author:シロクマ
ワーキングホリデー制度を使用しカナダのバンクーバーに約1年間滞在したこともありましたが…。
「私は英語が苦手なの」といつも言い訳ばかりで逃げている主婦(幼児3人を育児中)です。
マイペースにゆる~く英語を勉強しています。
2020年もブログ更新中!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
楽天市場
NHKテキスト
その他
フォトブック


年賀状プリント


写真プリント1


写真プリント2


宅配弁当惣菜


ポイント還元


ブランディア
お友達紹介キャンペーン

【co-opdeli】

通信教育