今日の英単語 from ニュースで英会話:第二次世界大戦の終戦から70年目の「慰霊の日」!「fierce」、「burden」、「Japan-U.S. Security Treaty」など


今日は、6/30(火)に「ニュースで英会話」のサイトに掲載された
ニュースから、気になった英単語や表現をご紹介します。

<今回の記事>
(2015年06月23日(火)に放送されたニュース)
・英語タイトル :「PRAYING FOR PEACE
         (平和への祈り)
・日本語タイトル:「沖縄慰霊の日

<ニュース記事の概要>
 第二次世界大戦時、20万人以上が亡くなった沖縄では、
 今年、70年目の「慰霊の日」を迎え、糸満市で戦没者
 追悼式が開かれた。

<気になった英単語や表現>

engage : 交戦する

fierce : 激しい

 本文では、以下の通り使われていました。
 “In the final phase of World War II, the Imperial
  Japanese military and U.S.-led allied forces
  engaged in fierce battles throughout the Pacific.”
 (第2次世界大戦の末期に、大日本帝国軍と米国主導の
  連合軍が太平洋全域にわたり激戦となりました)

ground confrontation : 地上戦

 「confrontation」は「対立」。
  →「ground confrontation」で「地上戦」の意味。

 本文では、以下の通り使われていました。
 “Okinawa was the site of the last major ground
  confrontation of the war.”
 (沖縄は、第2次大戦での最後の主要な地上戦の場所でした)

burden : 重荷、負担

 「bear a burden」で「負担する」の意味。

 本文では、以下の通り使われていました。
 “Governor Takeshi Onaga told the audience that residents
  of the prefecture continue to bear a heavy burden.”
 (翁長雄志知事は参列者に、沖縄県民は重い負担を担い続けて
  いると語りました)

Japan-U.S. Security Treaty : 日米安全保障条約

 本文では、以下の通り使われていました。
 “~, but it is home to as much as 73.8 percent of
  the U.S. military facilities that are in Japan
  under the Japan-U.S. Security Treaty.”
 (~が、日米安全保障条約下で在日米軍施設の73.8パーセント
  もが存在します)

<コメント>
 今年は、2015年。
 第二次世界大戦が終結した1945年から計算すると、70年が
 経つわけです。

 言い換えると…、
 現在、70歳以上の人々は、戦争の時代を生き抜いてきた方
 なのですよね。

 日本にいると、海外の国における内戦など、ニュース報道
 で他国の争いごとを耳にすることはあっても、自分の肌で
 戦争を感じることはありません。

 私は、歴史の授業で習った程度にしか戦争を知りません。
 (世界でまだ続いている紛争から目を逸らしてはいけない
 と思いますが…)
 戦争を知らない(体験していない)ことは、幸せなことだ
 と思います。
 日々の生活の中で、殺し合いが身近にあるなんて、本当に
 恐ろしいことですから…。
 
 これからも一生、戦争を体験せずに暮らせる日が続くこと
 を祈ります。
 “I pray for peace.”



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

今日の英単語 from ニュースで英会話:労働者派遣法改正案が衆議院で可決!「ruling coalition」、「plenary session」、「dispatch worker」など


今日は、6/29(月)に「ニュースで英会話」のサイトに掲載された
ニュースから、気になった英単語や表現をご紹介します。

<今回の記事>
(2015年06月19日(金)に放送されたニュース)
・英語タイトル :
  「LOWER HOUSE APPROVES LABOR LAW REVISION
         (衆議院が労働法改正(案)を可決)
・日本語タイトル:「衆院 労働者派遣法改正案を可決

<ニュース記事の概要>
 今国会の焦点の1つである労働者派遣法の改正案が、
 衆議院本会議の採決で、賛成多数で可決された。

<気になった英単語や表現>

ruling coalition : 連立与党

enact : (法案を)制定する、法律にする

 本文では、以下の通り使われていました。
 “Lawmakers with Japan's ruling coalition have moved
  closer to enacting a bill they regard as one of the
  most important in the current Diet session.”
 (日本の連立与党に所属する国会議員は、自身らが今国会
  において特に重要なものの1つとみなす法案の立法化に
  近づきました)

plenary session : 本会議

 本文では、以下の通り使われていました。
 “Opposition lawmakers walked out of a Lower House
  plenary session.”
 (野党議員は、衆議院本会議を退席しました)

steamroll : 強引に押し通す

 本文では、以下の通り使われていました。
 “They accused the coalition of steamrolling the vote.”
 (野党議員は、採決を強行したとして連立政権を非難しました)

deliberation : 審議

 本文では、以下の通り使われていました。
 “It was then sent to the Upper House for deliberation.”
 (同法案はその後、審議のため参議院に送られました)

amendment : 改正案

temporary worker : 臨時雇いの労働者

 本文では、以下の通り使われていました。
 “The amendment would set a three-year limit for
  the use of all temporary workers for a given job.”
 (改正案は、全派遣労働者の一定の仕事での使用に3年
  の制限を定めるものです)

staffing agency : 派遣会社

 本文では、以下の通り使われていました。
 “After that period, staffing agencies would need
  to ask companies to hire the staff as regular
  employees.”
 (その期間後には、派遣会社は派遣労働者を正社員と
  して雇用するよう企業に依頼する必要があります)

dispatch worker : 派遣労働者

 本文では、以下の通り使われていました。
 “They would be able to use dispatch workers
  indefinitely as long as they change the workers
  every three years.”
 (企業は3年ごとに労働者を替えれば、派遣労働者を
  いつまでも使い続けることができます)

regardless of ~ : ~にかかわらず

 本文では、以下の通り使われていました。
 “The Lower House approved a separate bill that calls
  for "equal pay for equal work" regardless of a
  worker's regular or non-regular status.”
 (衆議院は、労働者の正規・非正規の身分にかかわらず
  「同一労働・同一賃金」を求める別の法案を可決しました)

<コメント>
 今回は、労働者派遣法の改正案に関する記事でした。

 この法案、今国会で最も重要な物の1つとされているよう
 ですが…。

 その割には、「さすが!」とか「これはいいね!」とは
 とても言えないような…、腑に落ちない内容に思えます。

 (企業は3年雇用した派遣社員を正社員へ昇格させずに、
  他の労働者に入れ替えることができるのですから…。
  派遣労働者の雇用安定には繋がらないですよね?)

 私には、この法案の利点がよく分かりません…。
 (政治って、よく分からない。んー)



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

ツバメとスズメとジョニー・デップ(swallow,sparrow and Johnny Depp)


今日、近所のスーパーマーケットへ買い物に行くと…、
店の軒先にツバメの巣を見かけました。
親鳥は一生懸命、ヒナに餌を与えています。

そういえば、今は6月。そんな季節でしたね。

20150626_ツバメ_swallow

ところで、「燕」(つばめ)は英語で何と言うでしょう?!

そう!答えは、「swallow」(スワロー)です。

スワローと言えば、プロ野球のセ・リーグに、
「東京ヤクルトスワローズ」(Tokyo Yakult Swallows)
がありますよね。

スワローズのマスコット・キャラクターは、もちろんツバメ!
(今、調べたら、名前は「つば九郎」という名前のようです)

…というか!
スワローズって、「東京」の球団なんですね?!(驚)
(「読売ジャイアンツ」は知っていましたが…)

しかも、「明治神宮野球場」(新宿区)が本拠地とは!!
(私は野球に疎いため、東京に住んでいるのに、知りません
 でした…。スワローズファンの方、すみません)

ところで、東京でもよく見かける鳥としては、他に、
 ・烏(カラス):crow(クロウ)
 ・鳩(ハト) :pigeon(ピジョン)
 ・雀(スズメ):sparrow(スパロウ)
などがいます。

「スズメ」(sparrow)と聞いて、私が思い出すのは、
映画「Pirates of the Caribbean」
  (パイレーツ・オブ・カリビアン)
に出てくる海賊の船長、
「Jack Sparrow」
(ジャック・スパロウ)です。

「Johnny Depp」(ジョニー・デップ)が演じる
キャプテン・ジャック・スパロウは、とびきり印象的
ですよね♪

でも、どうして「スズメ」という苗字なのでしょうか?
(不思議です)

日本で鳥の名前が付く苗字と言えば、
 ・白鳥(しらとり)
 ・鶴田(つるた)
 ・鳩山(はとやま)
 ・鷹宮(たかみや)
など、色々ありますが…。

そんな感じなのでしょうか???(んー、謎)



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

おさるのジョージと2歳の息子(Curious George and My 2-year-old son)


最近、我が家の息子(2歳)は、「おさるのジョージ」に
夢中です!

「おさるのジョージ」とは…、
NHKの「Eテレ」(教育テレビ)で放送されている子供向け
のアニメです。
 おさるのジョージについて → こちら

好奇心いっぱいの子ザルのお話。
以前見せた時は、それほど興味を示さなかったのですが…。

今では、ジョージのことが大好きで、毎日、テレビの
リモコンを私のところに持ってきては、
「ジョージ!ジョージ!」
と録画した放送の再生をねだります。

ちなみに、私の息子は、言葉を話すのがまだ苦手です。

→ 市の保育士から、言葉が遅れているので、
  “心理士へのカウンセリング” や
  “言葉が遅れている子供向け交流会への参加”
  を勧められたくらいでして…。

 (でも、まだ語彙が少ないだけで、よくおしゃべりは
  するため、私としては、個人差だと思い、気にし過
  ぎないようにしています。はい)

そんな息子も、やっと2語文が出始めたのですが…。

「おさるのジョージ」を観るようになってから、
ジョージのセリフをマネするようになってしまいました。

ジョージは “おさる” ですから、話すことは、
「ハァ?」、「ハハァ」、「ンー、ヤー!」
など…、要するに動物(サル)の言葉なのです…。(苦笑)

「牛乳、飲む?」と尋ねた私に対して、ジョージのように
「ハハァ!」(「うん」の意味?)と返答された日には…、

こちらとしては、
「あぁ。なんか、退化しちゃってる…。(泣)」
と悲しくなります。はぁ…。

でも、この「おさるのジョージ」。
バイリンガルで放送されているため、「日本語」と「英語」
で聞くことができます♪

英語でのタイトルは「Curious George」
(「知りたがり屋のジョージ」ですね♪)

(子供向けのアニメだと思って、なめてかかると…、
 聞き取れないくらいの速さでしゃべることもあって、
 ちょっと手ごわいです)

そこで、息子に録画を見せる際は、
「日本語」で再生したら、次は同じ話を「英語」でも再生し…、
となるべく英語でも聞かせるようにしています。

(知り合いの4歳の子供は、「英語」で「おさるのジョージ」
 をかけると、何を言っているのか理解できないため、怒って
 見ないそうです…)

幸い、(ジョージに気を取られているせいか?!)
今のところ、息子は「英語」でかけても文句は言いません。
(もしかして、違いに気付いていない?!…苦笑)

とにかく…、
幼い頃から、できるだけ英語の音に耳を慣れさせてあげたい
ので、これからも英語のアニメを見せていこうと思います!



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

カタカナConfusion(英語と和製英語):TシャツとYシャツ(T-shirt and Y-shirt)


そういえば、先週の日曜日(6/21)は、6月の第3日曜日、
つまり…「父の日」でしたね。
(Happy Father's Day!)

我が家では、父の日のプレゼントとして…、
2歳の息子がパパ(らしきモノ)の似顔絵を描きました♪
(丸と点で構成されたシンプルな絵です…。笑)

そして、私が作った折り紙のYシャツを封筒代わりにして、
その中に似顔絵を入れて、渡しました。

私は、折り紙の「Yシャツ」と「ネクタイ」を今回初めて
作りましたが、簡単なのになかなか良く出来ていて、
「やっぱり、折り紙っていいなぁ♪」
と再認識してしまいました。
(子供の頃、かなりの折り紙好きでした)

ところで、この「Yシャツ」(Y-shirt)という言葉。
日本語(カタカナ語)なので、英語圏では通じないのです!
(ご存知だったでしょうか?!)

ちなみに、「Tシャツ」(T-shirt)の方は、英語圏でも
ちゃんと通じます。えぇ。

大辞林で調べたところ…、「Yシャツ」は、
「ホワイト・シャツ」(white shirt)から転じたものだ
そうです。

では、「Yシャツ」のことを英語では何と言うのでしょう?
和英辞典を引くと、
 ・dress shirt
 ・shirt
と載っていました。

「dress shirt」(ドレス・シャツ)と聞くと、日本人には
ちょっとピンと来ないかもしれません。

日本人は「ドレス」と聞くと、
「女性が着るワンピース(スカート)」のイメージが強い
ですからね。
(そもそも、この意味での「ワンピース」という言葉も
 日本語(カタカナ語)のようです…。(苦笑)
 ↑英語圏では、このタイプの服を「dress」と呼び、
  「one-piece」とは言わないそうです)

~ まとめ ~
 英語圏で、
 「T-shirt」は通じるけど、
 「Y-shirt」は通じない!

カタカナ語に惑わされないように、英語と和製英語を正しく
区別・理解していきたいと思います。はい。

※ 英会話のイーオン(AEON)のウェブサイトでも、
 「カタカナConfusion」と題して、和製英語について
 いくつか説明されていました。
 


↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

「ABC公園」の謎!その正体とは…?!What's the ABC Park?


What's the ABC Park?
Where is it?

近所の児童館で子供を遊ばせていた時のこと…。

同じく、児童館に子供を連れて来ていた保護者の人から、
「あの…、ABC公園ってどこにあるか知ってますか?」
と尋ねられました。

“え???
 「ABC公園」?…知らないなぁ。
 「エービーシー公園」?んー。
 もしかして、
 「エビス公園」とか?!
 …いずれにしても、知らないけど。(苦笑)”
と思いつつ、
「すみません。分からないです」
と返答しました。

(私は、この市に住み始めて、かれこれ、10年以上…。
 それにも拘わらず、いまだに、どこに何があるかよく
 分かっておりません…。恥)

しばらくして、私も気になったので、児童館にいる職員
の人に聞いてみると、
「あ。その公園だったら、こちらですよ」
と言って、地図を広げ、場所を説明してくれました。

「正式名称は私もよく分からないんですけど…、通称
 「ABC公園」と呼ばれている公園はここです。
 鉄棒がABCになっているんですよ♪」
とのこと。

“「鉄棒がABC」ってどういうこと?
 支柱の部分に、アルファベットが書いてあるのかな?”
とよく分からないまま、後日、その公園へ行ってみると…、

確かに、ABCの鉄棒がありました!(笑)

↓ 鉄棒の写真
ABC公園
(ABC具合が私の予想と違っていて面白かった…)

すべり台やブランコは無かったのですが、
公園の広さとしては、大き過ぎず、小さ過ぎず…、
幼児を遊ばせるのにちょうどいい位のサイズでした♪

自宅から5分と近場にあるので、これから外で遊ぶ時は、
ここに子供を連れて来てあげたいと思います!

ちなみに、この公園の正式名称は…、
「○○○○児童公園」(○の部分は馴染みの無い地名?!)
というような、漢字のみの覚え難い名称でした。(苦笑)



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

今週(6/22~6/26)の「ニュースで英会話」はアンコール放送(再放送)です!


アレ…?
今週(6/22~6/26)、「ニュースで英会話」はアンコール
放送(再放送)のようです。

これまで、年末年始、ゴールデン・ウィークなど、連休時には
再放送になっていましたが…、
特に祝日のない6月に再放送とは、ちょっと意外でした。

ちなみに、アンコール放送のニュース記事とそれに関連した
私のブログ(過去に勉強した分)は以下の通りです。

6/22(月)
「CHILDREN ON THE WANE」
(子供の数 34年連続の減少)
今日の英単語 from ニュースで英会話:日本で年々減っていく子供たち!34年連続で子供の人口が減少「on record」、「estimated」、「unchanged」など

6/23(火)
「ATMOSPHERIC CO2 HITS RECORD HIGH」
(世界のCO2濃度 危険水域に)
今日の英単語 from ニュースで英会話:世界のCO2濃度が危険水域の400ppm超に!「carbon dioxide」、「curb」、「density」など

6/24(水)
「PANDA CUBS EXPAND THEIR HORIZONS」
(双子のパンダ 順調に成長)
今日の英単語 from ニュースで英会話:アドベンチャーワールドの双子の赤ちゃんパンダが屋外で初公開!「cuddly」、「venture」、「tolerance」など

6/25(木)
「LGBT SURVEY」
(13人に1人が性的マイノリティー)
今日の英単語 from ニュースで英会話:LGBT調査の結果、13人に1人が性的マイノリティー「respondent」、「sexual minority」、「sexual diversity」など

6/26(金)
「E-MONEY SHOPPING SURGES」
(電子マネー決済額 大幅な伸び )
今日の英単語 from ニュースで英会話:近年、電子マネーでの買い物が急増!「flash」、「complement」、「dedicated」など



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

今日の英単語 from ニュースで英会話:シー・シェパードが調査捕鯨活動をする日本に対して損害賠償を支払うことに!「injunction」、「obstruct」、「provisional」など


今日は、6/19(金)に「ニュースで英会話」のサイトに掲載された
ニュースから、気になった英単語や表現をご紹介します。

<今回の記事>
(2015年6月10日(水)に放送されたニュース)
・英語タイトル :「SEA SHEPHERD TO PAY DAMAGES
      (シー・シェパードが損害賠償を支払うことに)
・日本語タイトル:「シー・シェパードが対日賠償

<ニュース記事の概要>
 調査捕鯨を実施している日本鯨類研究所などが反捕鯨団体
 シー・シェパードによる妨害活動の差し止めを求め訴えて
 いる裁判において、シー・シェパードが日本側に賠償金を
 支払うことに合意した。

<気になった英単語や表現>

damages : (通例は複数形で)損害賠償(額)

violate : 違反する

injunction : 差し止め命令、禁止命令、仮処分

interfere : 妨害する、邪魔をする

 本文では、以下の通り使われていました。
 “Anti-whaling group Sea Shepherd has agreed to pay
  damages to Japanese whalers for violating a U.S.
  court injunction and continuing to interfere with
  their research whaling in the Antarctic Ocean.”
 (反捕鯨団体であるシー・シェパードは、アメリカの裁判所
  の差し止め命令に違反し、南極海における調査捕鯨の妨害
  を続けたことにより、日本の(調査)捕鯨者に対して損害
  賠償金を支払うことで合意しました)

plaintiff : 原告、提訴人

file : 正式に提出する

lawsuit : 訴訟、告訴

 本文では、以下の通り使われていました。
 “The plaintiffs, including the Japanese Institute
  of Cetacean Research, filed a lawsuit in 2011 with
  a U.S. federal district court.”
 (日本鯨類研究所を含む原告は、2011年にアメリカの連邦
  地方裁判所に訴訟を起こしました)

hard-line : 強硬路線の

obstruct : 妨害する

 本文では、以下の通り使われていました。
 “They sought to stop the hard-line marine-life
  conservation group from obstructing Japanese
  research whaling in the Antarctic Ocean.”
 (原告は、この強硬路線の海洋生物保護団体が、南極海で
  日本の調査捕鯨を妨害するのをやめるように求めました)

 「sought」は「seek」(求める、要求する)の過去形・
 過去分詞形。
 「stop A from ~ing」は「Aが~するのをやめさせる」
 の意味。

provisional : 仮の

impede : 妨げる、邪魔をする

 本文では、以下の通り使われていました。
 “In December, the U.S. Court of Appeals in San
  Francisco said Sea Shepherd violated a provisional
  injunction banning the group from impeding Japanese
  whalers.”
 ((去年の)12月にアメリカのサンフランシスコ高等裁判所
  が、シー・シェパードは日本の調査捕鯨を妨害することを
  禁じた仮処分命令に違反していると述べました)

dismiss : 退ける、はねつける

 本文では、以下の通り使われていました。
 “The U.S. Supreme Court on Monday dismissed Sea
  Shepherd's appeal.”
 (月曜日に、アメリカの連邦最高裁判所がシー・シェパード
  の上訴を却下しました)

litigation : 訴訟、告訴

 本文では、以下の通り使われていました。
 “But litigation continues at the federal district court
  over Sea Shepherd's harassment, with the 2011
  lawsuit pending.”
 (しかしシー・シェパードの嫌がらせをめぐっての訴訟は
  連邦地方裁判所で続いており、2011年の訴訟が係争中です)

<コメント>
 英語の裁判用語は本当に苦手です…、私。
 (まぁ、日本語でも専門用語は難しいと思いますけど…)

 リスニングにおいては、
 「「pay damages」?「ダメージを支払う」って何?
  コレ、どいうこと?!」 から始まり…、
 今回のニュースは全然、聞き取れませんでした。
 (「損害賠償を支払う」が分からず、記事の1文目で
  挫折してしまった…)

 でも、地道に勉強を続けて行きたいと思います。はい。

 英単語としては…、

 「妨害する、邪魔をする」という意味の単語が複数登場
 していましたね。
  ・interfere
  ・obstruct
  ・impede

 ちなみに、「file」(ファイル)という単語は、今回
 「提出する」という意味で使われていましたが…、
 その他に、
  ・名詞「やすり」
  ・動詞「やすりをかける」
 という意味があることを初めて知りました。(意外ですねぇ)
  ↓
 キーワード解説では、以下の例文が挙げられていました。
 “Don't just sit there filing your nails.
  We have work to do!”
 (そこに座って爪を磨いていないで。やることがあるでしょ!)



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

今日の英単語 from ニュースで英会話:安全保障関連法案について、専門家は「違憲」と判断!「collective self-defense」、「unconstitutional」、「logistical support」など


今日は、6/18(木)に「ニュースで英会話」のサイトに掲載された
ニュースから、気になった英単語や表現をご紹介します。

<今回の記事>
(2015年06月05日(金)に放送されたニュース)
・英語タイトル :「EXPERT VIEWS ON CONSTITUTIONALITY
         (合憲性についての専門家の見解)
・日本語タイトル:「安保法案に専門家が違憲の判断

<ニュース記事の概要>
 集団的自衛の行使を可能にする安全保障関連法案について、
 衆議院憲法審査会に出席した3人の学識経験者の全員が
 「憲法違反に当たる」という認識を示した。

<気になった英単語や表現>

engage : 従事する、関与する

collective self-defense : 集団的自衛

 本文では、以下の通り使われていました。
 “They're debating bills that would expand the role of
  the Self-Defense Forces and allow the country to
  engage in collective self-defense.”
 (議員らは、自衛隊の役割を広げ、国が集団的自衛に携われ
  るようにするための法案を審議しています)

unconstitutional : 違憲の

 本文では、以下の通り使われていました。
 “Three academics told them those bills are unconstitutional.”
 (3人の学者が彼らに、法案は違憲だと伝えました)

inexplicable : 説明のつかない、不可解な

 本文では、以下の通り使われていました。
 “Hasebe said the change is inexplicable in terms of the
  basic logic in the positions of past administrations.”
 (長谷部氏は、この変更は歴代政権の見解の基本的論理と
  いう観点から説明がつかないと述べました)

professor emeritus : 名誉教授

 本文では、以下の通り使われていました。
 “Keio University Professor Emeritus Setsu Kobayashi
  touched on another aspect of the government's bills.”
 (慶応大学名誉教授の小林節氏は、政府法案の別の側面に
  言及しました)

logistical support : 後方支援

 本文では、以下の通り使われていました。
 “He said giving logistical support to foreign forces
  would be an act of war.”
 (彼は、外国の軍隊に後方支援を提供することは戦争行為で
  あると述べました)

article : 条項

 「Article 9 of the Constitution」で「憲法第9条」

renounce : 放棄する

right of belligerency : 交戦権

 本文では、以下の通り使われていました。
 “The article Kobayashi mentioned renounces war and
  the right of belligerency of the state.”
 (小林氏が触れた条項は、戦争と国の交戦権を放棄すること
  をうたったものです)

cross the line : 一線を越える

 本文では、以下の通り使われていました。
 “Waseda University Professor Eiji Sasada also said the
  bills have crossed the line of constitutional limitations.”
 (早稲田大学教授の笹田栄司氏も、この法案は憲法上の制限
  を踏み越えていると述べました)

 「cross the line」で「一線を越える、境界を越える」、
 「draw the line」で「一線を引く(制限を設ける)」
 の意味。

<コメント>
 日本の憲法第9条では、戦争を放棄することを謳っています
 が…、これは本当に凄いことですよね。

 果たして、安全保障関連法案はどうなるのでしょうか。

 英単語としては、
 「logistical support」で「後方支援」の意味になるのが
 意外でした!(知らないと分からないですよね)



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

ちょっと気になったこと:首都高速を走る「シー号」と書かれたバスについて…


(今回も、生活の中で見かけた気になる日本語の話です)

ある週末の朝、車で首都高速道路を走っていたところ…、
(いや、実際にはまだ中央自動車道だったかな?)

フロント部分の行き先に「シー号」と書かれた観光バス
を見かけました。
(「~組合 シー号」のような感じ ↓
 外から見ても分かるように、バスのフロントガラス
 上部に貼ってある「団体名+ツアー名」の表示です。
 観光バスにはよく貼ってありますよね)

高速道路を眺めると、同じデザインのバスが複数台、
連なって走っていました。

最初、1台目の行き先を見た時、
「この「シー号」って何だろ…?!
 他にも同じようなバスがあるから、ひょっとして、
 『エー号(A号)、ビー号(B号)、シー(C号)』
 って、こと?!
 …いやいや、それなら普通アルファベットを使うよね」
と不思議に思ったのですが…、

2台目の行き先を見て、やっと意味が分かりました。
 → そのバスの行き先は「ランド号」だったのです。

そう!つまり、
 ・「シー号」 → 「ディズニーシー行きのバス」
 ・「ランド号」 → 「ディズニーランド行きのバス」
というわけですね。
(これで間違いないと思います)

確かに、ディズニーリゾートにある、この2つのテーマ
パークのことを、「ランド」とか「シー」とか略して
言ったりしますよねぇ~。

「…って!バスの行き先ぐらい、きちんと書いてもいい
 のでは?日本人は何でも略し過ぎっ!」
とか、ちょっと思ってしまいました。(苦笑)

しかも、ディズニーに興味がない人は、「シー号」と
言われても、ピンと来ないかもしれませんね。

たまたま、この日、ディズニーランドへ遊びに向かって
いた私にとっては、
「あっ♪お仲間だ~!」
とも思ってしまいましたが。

そして、
「今、まだこの場所を走っているとなると…、
 開園の8時には間に合わないわね。
 良くて8時半だわ。(ちょっと出遅れたわね)」
とか思ってました。(笑)
(実際、我が家がディズニーランドでチケットを購入し、
 入園したのが8時半丁度でしたから)

ちなみに、子供が出来てから、初めてのディズニーランド!
子供の反応が新鮮で、面白かったです♪
来年、また、行きたいです!



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

Amazon (アマゾン)
【本】-【語学・辞事典・年鑑】
最新ランキング
プロフィール

シロクマ

Author:シロクマ
ワーキングホリデー制度を使用しカナダのバンクーバーに約1年間滞在したこともありましたが…。
「私は英語が苦手なの」といつも言い訳ばかりで逃げている主婦(幼児3人を育児中)です。
マイペースにゆる~く英語を勉強しています。
2020年もブログ更新中!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
楽天市場
NHKテキスト
その他
フォトブック


年賀状プリント


写真プリント1


写真プリント2


宅配弁当惣菜


ポイント還元


ブランディア
お友達紹介キャンペーン

【co-opdeli】

通信教育