今日のキーフレーズ from おとなの基礎英語 Episode 070:How many times did you call me?(何回、僕に電話した?)


今日は「おとなの基礎英語」(オトキソ)から
2015年2月10日(火)のフレーズをご紹介します。

~ これ英語で何と言う? ~
<今回のシチュエーション>
 約1ヶ月間、ハワイへ行っていた美佳。
 婚約者のジョーから別れようという突然の電話を受けて、
 慌てて香港へ戻ってきました。
 どうしてこんなことになってしまったのか?
 その理由をジョーに尋ねました。
 するとジョーは、
 「何回、僕に電話をした?」
 と聞きました。

 → さて、この時のセリフ、英語では何と表現する?

<エピソード070 (Episode 070)のキーフレーズ>
 “How many times did you call me?
 (何回、僕に電話した?

<公式サイトの解説>
 回数をたずねるときには、How many timesで文を始めます。
 そのあとは、時制や時を表す表現を選択すればばオーケーです。

<番組内の解説>
 「How many times」をワンセット(ひと塊のフレーズ)
 として覚えておく。
 返答は、
  ・1回:once
  ・2回:twice
  ・3回:three times
と言えばよい。

 その他、
 ・「1日に何回?」と聞く場合は、
   → 「How many times a day do you ~」
 ・「1年に何回?」と聞く場合は、
   → 「How many times a year do you ~」
 と表現する。

<今日のフレーズに関連した表現>
(1).“How many times did you win?”
  (何回、勝ったんだい?)
   ※ ゲームをした相手などに勝った回数を聞く場合。

(2).“How many times do you go to festivals in the summer?”
  (君は夏に何回お祭りに行くの?)
   ※ 「習慣」や「慣例」について述べる場合は、
     現在形を使う。
     この文では「毎年、夏には~」という意味。

<ストーリー中の会話例>
 ・美佳(M)とジョー(J)の会話
 J:“I can't be with a person who doesn't care about me.”
   (僕のことを気に掛けてくれない人とは、一緒にいれないよ)
 M:“Of course I care about you.”
   (もちろん、あなたのことを気に掛けているわ)
 J:“How long were you in Hawaii?”
   (君はハワイにどれくらい居た?)
 M:“About a month.”
   (一か月位よ)
 J:“How many times did you call me?”
   (何回、僕に電話を掛けた?)
 M:“Three times?”
   (3回かな?)
 J:“No! Once.”
   (いいや!1回だよ)
 M:“I was busy doing my job.”
   (私は仕事で忙しかったのよ)
 J:“Yes, you're always busy! And when you're busy,
    you forget about everything and everyone else!”
   (そうさ、君はいつも忙しいんだ。そして忙しいと、
    他のことや他の人のことをみんな忘れてしまうんだよ!)
 J:“That's not all.”
   (それだけじゃないよ)

<番組中の会話例>
 “How many times did you eat yesterday?”
 (昨日は何回食事したの?)
 “Three times.”
 (3回だよ)

 “How many times a month do you go to concerts?”
 (一か月に何回、コンサートへ行くの?)
 “About three or four times.”
 (3、4回くらいよ)

 “How many times did I tell you.”
 (何回言ったと思っているのよ!)

<コメント>
「How many times did I tell you.」
自分の子供に対して、怒ってこの台詞を何度も言うような
母親にはならないようにしないと…。
ずっしりと構えて、気長に見守ってあげなければ!
と思いながらも…、現実には、ついつい叱ってしまう。
んー。難しいぃ。



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

今日のキーフレーズ from おとなの基礎英語 Episode 069:This is not a good time.(今は都合がよくないな)


今日は「おとなの基礎英語」(オトキソ)から
2015年2月9日(月)のフレーズをご紹介します。

~ これ英語で何と言う? ~
<今回のシチュエーション>
 ハワイにいる美佳のもとに掛かっていた1本の電話。
 その数日後、美佳が訪れたのは…香港です。
 どうしても婚約者のジョーに会いたい美佳。
 彼が働くオフィスにやってきました。
 “Joe, we need to talk, right now.”
 (ジョー、今すぐ話し会いましょう)
 と迫る美佳に、
 「今は都合がよくないな」
 とジョーは答えました。

 → さて、この時のセリフ、英語では何と表現する?

<エピソード069 (Episode 069)のキーフレーズ>
 “This is not a good time.
 (今は都合がよくないな

<公式サイトの解説>
 This is not …にa good timeを続けることで「今は都合が
 よくない」ということを伝えるフレーズになります。
 主語にThisをThis week(今週)、August(8月)、
 Winter(冬)など、具体的な名詞を入れれば応用範囲が
 広がります。

<番組内の解説>
 日本語の「今は~」と同じように「Now is ~」を使って、
 「Now is a bad time.」と言っても通じるが、今回の
 フレーズは「This is」を使うところがポイント。

<今日のフレーズに関連した表現>
(1).“June is not a good time for outdoor sports.”
  (6月は外でやるスポーツには向いていないわね)
   ※ 主語に都合の悪い時期を持ってくることで、
     表現のバリエーションが増える。
     「何に都合が悪いのか?」は「for」の後に
     続けて言うことができる。

(2).“Not now.”
  (あとでね)
   ※ 日常会話でよく耳にするインフォーマルな表現。

<ストーリー中の会話例>
・Joe(ジョー):
 “This is it. Let's break up.”
 (こういうこと。僕たち、別れよう)
・Mika(美佳):
 “You can't just break up with me like that!”
 (こんなふうに私と別れるなんでダメよ)
・Joe(ジョー)
 “Mika, I have a lot on my mind right now.”
 (美佳、僕は今、頭がいっぱいなんだよ)

<番組中の会話例>
 “This is not a good time.”
 (今は都合が悪いの)
 “How about in thirty minutes?”
 (30分後はどう?)

 “This is not a good time.”
 (今は都合がよくないの)
 “When is a good time for you?”
 (いつがいいの?)
 “Now is the time.”
 (今がいいわ / 今でしょ!)



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

今日のキーフレーズ from しごとの基礎英語 ケース170:Although we all want to continue, I think we need to put the project on hold.(続行したいのですが、プロジェクトは棚上げしなくてはならないと思います)


今日は「しごとの基礎英語」(ジョブキソ - Job Kiso -)から、
2015年2月3日(火)のフレーズをご紹介します。

~ これ英語で何と言う? ~
<今回のお悩みシチュエーション>
 『プロジェクトの棚上げを提案するには?

 新しいプロジェクトである「Sofatami」(ソファタミ)の
 開発をこのまま続行するか否か?
 チームみんなで会議をしています。
 三木さんは、
 「My wife told me that she would like to buy one,
  with a discount, of course!」
 と奥さんが社員割引でソファタミを1つ購入したいと
 言っていた、と個人的な話をしていますが…。
 上司のハワードさんは、
 「This is business. We must be realistic and
  protect a company balance sheet.」
 と会社の「balance sheet」(貸借対照表)の重要性を
 述べてから、
 「It might be difficult to continue.」
 と言いました。その後、篠山にも意見を聞きます。
 篠山さんとしても、新しいプロジェクトを続行するには
 資金的にかなり厳しいこの状況、やむを得ずプロジェクト
 の棚上げを提案したいと思います。

 → さて、この時、英語で何と言えばいいでしょうか?

<篠山さんの回答>
 “I think it's difficult for us to continue Sofatami project.”
 (注:正しい英文ではありません)

<今日のストックフレーズ:ケース170>
 “Although we all want to continue,
  I think we need to put the project on hold.

 (続行したいのですが、プロジェクトは棚上げしなくては
  ならないと思います


<公式サイトの解説>
 although は「ちょこっと逆行」を意味します。
 主な主張は I think 以下ですが、その流れに沿わない
 ちょっとした逆行を although で示しています。

<篠山さんの回答への指摘>
 ・「Sofatami project」について
  「project」は一般名詞なので冠詞「the」を付けて、
  「the Sofatami project」とすべき。

 ・「difficult」について
  「difficult」は「難しい」という意味だか、日本語
  とは少し違う。
  日本語で「難しい」と言えば →「できない」→ つまり
  「No」を意味することがあるが、ネイティブが使う
  「difficult」は「難易度が高い」ということ。

<番組内の解説>
 ・「Although」について
  「although」は「~ですが」という意味。
  イメージとしては、一旦引いておいて、最後にグッと
  押すような感じ。
  「although」の文は、予告のようなもの。
  (「お金が無い訳ではないけど、君には奢らないよ」
   という感じ…)

  「but」を使っても、似た文章を作ることができるが、
  「A but B」の場合、AとBは対等に(並列に)並んで
  いる点で、意識が異なる。

<ビジネス・ポイント>
 『「difficult」は、明確な否定にならない』

 「difficult」と言った場合、難易度は高いけど、やろう
 と思えばできないことはないよね?お金をもっと出せば
 できることかも?という程度に感じる。
 日本語のように「「むずかしい」と言ったんだから、
 できないことは分かっているでしょ!」とはならない。
 明確な棚上げにはならないので要注意。

<今日のフレーズへの返答>
 上司のハワードさん →
 “Unfortunately, I think you're right.”
 (残念ですが、あなたが正しいと思うわ)



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

今日のキーフレーズ from しごとの基礎英語 ケース169:We don't have enough capital for the new project.(新しいプロジェクトに十分な資金がありません)


今日は「しごとの基礎英語」(ジョブキソ - Job Kiso -)から、
2015年2月2日(月)のフレーズをご紹介します。

~ これ英語で何と言う? ~
<今回のお悩みシチュエーション>
 『プロジェクトの資金不足を報告するには?

 “FuroOK” の製品不具合はダメージが大きく、会社にとって
 多額の損失となっています。
 その額は、なんと「10 million」!
 でも、単位が「ドル」(つまり、約12億円)ではなく「円」
 (つまり1000万円)だと聞くと、エイミーは、
 「Thank goodness it's not dollars! Right?」
 (ドルじゃなくて良かった!ね?!)
 と言ってますが、赤字は赤字です!
 ユミが言うには、
 「All the figures show that we'll end up in the red.」
 計算の結果、どうやっても、赤字になってしまうとのこと!
 これでは、新しいプロジェクトどころの話ではありません。
 新しいプロジェクトの資金不足を上司に報告しなくては!

 → さて、この時、英語で何と言えばいいでしょうか?

<篠山さんの回答>
 “There is no money to continue our project.”
 (注:正しい英文ではありません)

<今日のストックフレーズ:ケース169>
 “We don't have enough capital for the new project.
 (新しいプロジェクトに十分な資金がありません

<公式サイトの解説>
 英語は右展開です。
 説明を後ろに並べる(説明ルール)ことによって、右に
 のびる言葉です。
 enough (十分な~) には「何にとって十分なのか」という
 説明が必要です。
 ですから、後ろに for the new project と続けて説明して
 います。

<篠山さんの回答への指摘>
 ・「no money」について
  「money」つまり「金(かね)」という言い方がいまいち
  品が無い。
  「no」という単語も、キツイ表現になる。
  (「カネがねぇ」って言っているようにも聞こえる)

<番組内の解説>
 ・「capital」について
  ここでの「capital」は「資金」のこと。
  「money」という単語は避けて、「capital」や
  「funds」(ファンド),「resources」(リソース)と
  いった単語を使う方が良い。

・「文の作り方 / 構造」について
  否定文を作る時、肯定文を作ってから、それを否定する
  (「not」を付ける)のではなく、語順に沿って、意識を
  動かすようにすると良い。

  例えば、
  “Who ate my chocolate?”
  (誰が僕のチョコを食べたんだ?)
  という質問に、
  “Not me.”(僕じゃないよ)
  と返答する場合、
   ・僕(me)ではない(not) → 「me」の前に「not」を
    置いて、「Not me」と考える
  のではなく、
   ・ちがうよ!(not)僕じゃ(me) → 「Not me」
  のように語順に沿って、意識を動かせるようになると、
  ネイティブ並に近づける。

<今日のフレーズへの返答>
 上司のハワード →
 “Really? Show me the numbers.”
 (本当に?数字を見せてちょうだい)



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

今日のキーフレーズ from しごとの基礎英語 ケース168: We're still considering how to proceed. Could you give us a few days to decide?(今後の対応についてはまだ検討中です。決定まで数日、お時間をいただけませんでしょうか?)


今日は「しごとの基礎英語」(ジョブキソ - Job Kiso -)から、
2015年1月29日(木)のフレーズをご紹介します。

~ これ英語で何と言う? ~
<今回のお悩みシチュエーション>
 『対応を検討中なのでお待ちください、と伝えるには?

 “FuroOK” のクレーム対応に追われる日々。
 そんな中、ある顧客から、問い合わせがありました。
 「There's someone asking if we could replace
  "FuroOK" with a new one.」
 どうやら、不具合のある製品を新しい物と取り替えて
 欲しいようです。
 篠山さんにも同様の問い合わせが来ました。
 しかし、対応方法はまだ検討中のため、どうするかは
 答えられません。

 → さて、この時、英語で何と言えばいいでしょうか?

<篠山さんの回答>
 “We have not decided we can replace FuroOK yet.
  so could you please wait few days?”
 (注:正しい英文ではありません)

<今日のストックフレーズ:ケース168>
 “We're still considering how to proceed.
  Could you give us a few days to decide?

 (今後の対応についてはまだ検討中です。
  決定まで数日、お時間をいただけませんでしょうか?


<公式サイトの解説>
 proceed は「前に行く=進む」ということを意味しています。
 どのように問題解決に向けて「進んで行くのか」について
 まだ考慮中だということです。

<篠山さんの回答への指摘>
 ・「replace」について
  まだ「replace」(取り替え / 交換)が出来るかどうか
  分からないのに、「replace」という単語を使ってしまうと、
  まだ決まっていないといっても、相手は期待してしまう。

 ・「decide」について
  篠山さんの作った英文では、「decide」の後ろに直接、
  文章をつなげているが、この用法は誤り。
  「if」(~かどうか)を付けて、「decide if ~」の
  ようにすべき。

 ・「few days」について
  「few days」の前に「a」が必要。
  「few」だけだと「少ししかない」と否定的な意味になり、
  この文には適さない形となる。
  「wait a few days」とすべき。

<番組内の解説>
 ・「proceed」について
  「proceed」は「(一歩一歩)前進する」という意味。
  漠然とした単語なので、相手に期待を抱かせずに済む。
  (リスクを冒さない)

<ビジネス・ポイント>
 『真剣さが伝わる「consider」』

 「consider」は、深く真面目に取り組んでいる感じが伝わる
 単語なので、使うと相手に好印象を与えられる。
  ・consider:深く考えている感じ
  ・think:範囲がすごく広い感じ

<今日のフレーズへの返答>
 顧客 → “Okay.”(いいですよ)



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

今日のキーフレーズ from しごとの基礎英語 ケース167:We are very sorry for the inconvenience, but could you give us time to solve the matter?(ご不便をおかけしてしまい、たいへん申し訳ございませんが、この問題を解決するまでお時間をいただけますでしょうか?)


今日は「しごとの基礎英語」(ジョブキソ - Job Kiso -)から、
2015年1月28日(水)のフレーズをご紹介します。

~ これ英語で何と言う? ~
<今回のお悩みシチュエーション>
 『お客さまからのクレーム電話に対応するには?

 “FuroOK” の不具合のせいで、クレーム電話が鳴り止みません。
 しかし、クレームを入れてくる個人のお客様には、特に丁寧に
 対応しなくては!
 お客のアレキサンダーさんからもクレームの電話が入り、
 篠山さんが対応することに。
 ここはきちんと丁寧に謝罪したいところです。

 → さて、この時、英語で何と言えばいいでしょうか?

<篠山さんの回答>
 “We are so sorry to be bad situation.”
 (注:正しい英文ではありません)

<今日のストックフレーズ:ケース167>
 “We are very sorry for the inconvenience, but could
  you give us time to solve the matter?

 (ご不便をおかけしてしまい、たいへん申し訳ございませんが、
  この問題を解決するまでお時間をいただけますでしょうか?


<公式サイトの解説>
 inconvenience は「不便・迷惑」を意味しています。
 このフレーズは、まず相手にかけた迷惑を謝罪した後に
 時間の猶予を願い出る、決まり文句的展開です。

<篠山さんの回答への指摘>
 ・「to be bad situation」について
  この言い方だと、「We」(私達)が「bad situation」
  (悪い状況)のように聞こえる。
  「to put you in this situation」を使って、
  「We are so sorry to put you in this situation.」の
  ようにすべき。

 ・「bad」について
  ビジネスのシーンにおいて「bad」というような感情
  (feeling)を表す単語はあまり使わない。
  クレーム対応の時はできる限り避けるべき。
   感情を言う単語 → bad, good, sad, happy など

<番組内の解説>
 ・「inconvenience」について
  本来であれば「difficulties」や「problems」(問題)
  に相当するが、きつい単語は避けておきたいので、
  「inconvenience」(不便)という単語を使っている。
  (婉曲表現の一つ)

 ・「文の作り方 / 構造」について
  今回の英文は「A but B」(A だけど B)という単純な
  構文になっている。
   ・A:We are very sorry for the inconvenience
     (不便を掛けてすみません)
   ・B:could you give us time to solve the matter?
     (解決まで時間をもらえますか?)
   (簡単に言うと「ゴメン、でも、時間頂戴!」になる)

  英文を遠目に眺めることが、ネイティブ並みの英語に
  近づく秘訣。

<ビジネス・ポイント>
 『積極的に解決に取り組んでいると感じさせる「solve」』

 「solve」にはポジティブなイメージがあるため、今回の
 フレーズのように「solve」を使うと、相手に好印象を
 与えられる。

<今日のフレーズへの返答>
 お客のアレキサンダー →
 “I like your products, so I'll think about it.”
 (御社の製品は好きなので、考えてみます)



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

今日のキーフレーズ from しごとの基礎英語 ケース165:We're looking into it right now. Let me call you back as soon as we receive direction from management.(ただいま調査中です。上からの指示が出ましたらすぐに折り返しご連絡いたします)


今日は「しごとの基礎英語」(ジョブキソ - Job Kiso -)から、
2015年1月26日(月)のフレーズをご紹介します。

~ これ英語で何と言う? ~
<今回のお悩みシチュエーション>
 『詳細が分かり次第折り返します、と伝えるには?

 チャドが “FuroOK” のクレーム電話を受けました。
 「He said the power switch is broken or something and
  he can't turn it on.」
 顧客からの電話によれば、“FuroOK” のスイッチが壊れたか
 何かで、電源が入らなくなったとのこと。
 この件について、上司のハワードは、
 「We may be forced to recall FuroOK.」
 とFuroOKがリコールになるかもしれないと言います。
 「So, let our customers know that we are trying to
  find the cause of the problem.」
 顧客の皆様には、原因究明中と伝えなくては。
 小売業者のジャックさんからもクレームの電話があり、
 篠山さんが対応します。
 相手からは、製品の不具合に関して、どうするつもりなのか
 と問われます。
 しかし、この件については、篠山さん達も、上の人間の決定
 を待っているところです。
 そこで、詳細が分かり次第折り返し連絡することにします。

 → さて、この時、英語で何と言えばいいでしょうか?

<篠山さんの回答>
 “I'm sorry. We are trying to find the code.
  so are you able to wait until then?”
 (注:正しい英文ではありません)

<今日のストックフレーズ:ケース165>
 “We're looking into it right now. Let me call you back
  as soon as we receive direction from management.

 (ただいま調査中です。上からの指示が出ましたらすぐに
  折り返しご連絡いたします


<公式サイトの解説>
 look into は「調べる」という意味です。
 into は「~の中」を意味しています。
 事態の中を覗き込むイメージが「調べる」につながって
 います。

<篠山さんの回答への指摘>
 ・「code」について
  「code」ではなく「cause」(原因)にすべき。
  ハワードさんが「cause」を使った文を言っているのを
  聞いて、音の似ている「codes」(codeの複数形)と
  勘違いしたのかも?!

 ・「wait until then」について
  「それまで待っていて」という言い方に誠意を感じない。
  「一体いつまで待てばいいのか?!」と相手を更に
  イライラさせてしまうかもしれない。

<番組内の解説>
 ・「look into」について
  「into」は「~の中へ」という意味なので、
  「look into」で「~を調査する,調べる」となる。

 ・「文の作り方 / 構造」について
  個々の単語から目を離して、まとまり(フレーズ)を
  持ってきて英文を作るようにすると良い。
  そのためには、まとまったフレーズをストックしておく
  ことが大事。

  今回のフレーズは、少し長い文章に見えるかもしれないが、
  ネイティブからしてみれば、
  「A as soon as B」(BしたらAする)
  という単純な構造で捉えている。
   ・A:Let me call you back
     (折り返す)
   ・B:we receive direction from management
     (上司の指示が出る)

<今日のフレーズへの返答>
 小売業者のジャックさん →
 “Okay, The sooner we know the better.”
 (分かりました。早ければ早いほど助かります)

<コメント>
 篠山さんの回答を見た時、「アレ?どうして code?!」と
 不思議に思ったけど、「あ、多分 cause のことだろうなぁ」
 と分かって、思わず笑ってしまいました…。
 「cause」(原因)を「code」(codes?)と勘違いした篠山さん。
 気持ちはよく分かる気がします。
 私も、しょっちゅう聞き間違いしますから。(苦笑)

 ちなみに、小売業者のジャックさんが返答した英文は、
 以前、「おとなの基礎英語」で習った、
 (参考:2014/09/16のブログ
  “The more people, the more fun.”
  (人が多ければ多いほど楽しいわ)
 と同じ用法ですね、きっと。
 すぐに思い出せたので、構文をちゃんと覚えていたことが、
 ちょっと嬉しかったです。



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

今日のキーフレーズ from しごとの基礎英語 ケース164:Actually, I'm in a meeting at the moment. Could you call back between 2 and 3 p.m.?(実は、今ミーティング中です。午後2時から3時の間にかけ直していただけますか?)


今日は「しごとの基礎英語」(ジョブキソ - Job Kiso -)から、
2015年1月22日(木)のフレーズをご紹介します。

~ これ英語で何と言う? ~
<今回のお悩みシチュエーション>
 『時間を指定して、掛け直してもらうには?

 チーム一同、今日は予定がびっしり。
 そんな状況の中、畳業者のウォーリーさんから電話が
 掛かってきました。
 「Hi, Aki. It's Worry. I need to discuss something
  with you. Do you have fifteen minutes to talk?」
 電話で話したいことがあるようです。
 しかし、超多忙な中、じっくり話せるのは午後2時~3時
 のみです。
 忙しい最中に掛かってきた、タイミングの悪い電話。
 篠山さんは、時間を指定して掛け直してもらうことにしま
 した。

 → さて、この時、英語で何と言えばいいでしょうか?

<篠山さんの回答>
 “Could you please call me again between 2 p.m. to
  3 p.m.?”
 (注:正しい英文ではありません)

<今日のストックフレーズ:ケース164>
 “Actually, I'm in a meeting at the moment.
  Could you call back between 2 and 3 p.m.?

 (実は、今ミーティング中です。
  午後2時から3時の間にかけ直していただけますか?


<公式サイトの解説>
 actually は「実際」という意味の単語です。
 この単語は相手の予想に反した事柄を持ち出すときに
 使われる表現です。

<篠山さんの回答への指摘>
 ・「between 2 p.m. to 3 p.m」について
  「AからBまでの間」と言う場合は、「between A to B」
  ではなく、「between A and B」にすべき。

 ・「理由」について
  篠山さんの回答には、理由が述べられていない。
  なぜ今はダメなのか?相手にその理由を伝えてあげるべき。

<番組内の解説>
 ・「actually」について
  「actually」は「実際に、本当に」という意味。
  この単語には(特に文頭で使われた場合)独特のニュアンス
  がある。
  → 相手の期待に反することを言う場合に使う。

  例えば「今日のパーティーで会いましょう」と言ったところ、
  相手から、
  「Actually, I've decided not to go to the party.」
  (実は、そのパーティーへは行かないことにしたんです)
  と返答された場合、「Actually,」と言った時点で、
  「あ、この人はダメなんだ(行かないんだ)」ということが
  分かる。

  逆に、まわりの皆が無理だと思っていたことが出来た時に、
  「実はやれたんですよ」と、ポジティブなことを言う場合
  にも、「actually」を使うことができる。

<今日のフレーズへの返答>
 畳会社のウォーリーさん →
 “Yes, sure. I'll call at 2 p.m. sharp!”
 (はい、もちろん。午後2時ピッタリにご連絡します!)



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

今日のキーフレーズ from しごとの基礎英語 ケース163:Excuse me, but I couldn't follow. Please repeat much more slowly.(すみませんがお話についていけませんでした。もっともっとゆっくり繰り返してください)


今日は「しごとの基礎英語」(ジョブキソ - Job Kiso -)から、
2015年1月21日(水)のフレーズをご紹介します。

~ これ英語で何と言う? ~
<今回のお悩みシチュエーション>
 『相手が早口過ぎて話を聞き取れない時は?
 (電話の相手が早口すぎて話が聞き取れず、もっとゆっくり
  話してもらいたい場合)

 畳業者のウォーリーさんが来社し、サンプル作成の進捗に
 ついて話をしています。
 報告によれば、今のところ、予定通り(on schedule)で、
 順調とのこと。
 その会議中に、畳業者のデザイナーから電話があり、
 篠山さんが電話に出ることに。
 しかし、デザイナーの口調が早過ぎて、篠山さんには聞き
 取れません。もっとゆっくり話してもらわなくては!

 → さて、この時、英語で何と言えばいいでしょうか?

<篠山さんの回答>
 “I'm sorry, but it's too speedy to understand what
  you say. Could you please repeat that more slowly?”
 (注:正しい英文ではありません)

<今日のストックフレーズ:ケース163>
 “Excuse me, but I couldn't follow.
  Please repeat much more slowly.

 (すみませんがお話についていけませんでした。
  もっともっとゆっくり繰り返してください


<公式サイトの解説>
 follow は「ついていく」という意味です。
 歩くときにも、話しているときにも使える便利な表現です。
 much は比較級 more slowly を強調する単語です。

<篠山さんの回答への指摘>
 ・「speedy」について
  篠山さんは、「話のスピードが早過ぎる」と言うのに
  「speedy」を使ったが、この場合は「fast」を使うべき。
  「It's too fast to understand」なら意味が通じる。
  相手が話す速度(スピード)について述べる場合に
  「speedy」は使わない。

<番組内の解説>
 ・「follow」について
  「follow」は「ついていく」という意味。
  「話についていく」場合にも「follow」が使える。
  → 「I couldn't follow」で「話についていけない」と
    いう意味になる。

 ・「much」について
  比較級を強調する時は「much」を使う。
  例えば「私はタケオよりはるかに背が高い」と言う場合、
  「I am very taller than Takeo.」とは言わない。
  「I am much taller than Takeo.」と言う。
  → 「very」には、比較のニュアンスが無いので使えない。

  そのまま「much more slowly」と覚えておくとよい。

<ビジネス・ポイント>
 『「Please repeat much more slowly.」と言う場合、
  「much,more,slowly」の部分をゆっくり言うと
  効果的である』

 この文をゆっくり言うことで、相手がどの程度ゆっくりの
 スピードで話せばよいのか、その目安になる。

<今日のフレーズへの返答>
 畳業者のデザイナー →
 “Okay. Are you ready?”
 (了解です。ではよろしいですか?)



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

今日のキーフレーズ from しごとの基礎英語 ケース162:I'm sorry, but you are breaking up. I didn't catch that. Please repeat.(すみませんが電話の音が途切れ途切れになっています。何をおっしゃったかわかりませんでした。もう一度お願いいたします)


今日は「しごとの基礎英語」(ジョブキソ - Job Kiso -)から、
2015年1月20日(火)のフレーズをご紹介します。

~ これ英語で何と言う? ~
<今回のお悩みシチュエーション>
 『電波が不安定で聞き取れないと伝えるには?

 畳業者のウォーリーさんからチャドへ電話が掛かってきました。
 チャドが言うには…、
 「Mr. Worry tends to worry. He calls a lot about details.」
 ウォーリーさんは、細かい事を気にする心配性な人だとか。
 エイミーにも電話を掛け、
 「Does anybody in the office dislike sweets?」
 (そちら職場で甘いものが嫌いな人はいない?)
 などを聞いてきます。
 篠山さんにも電話が掛かってきました。
 しかし、大事な話をしている時に限って、電波が不安定で、
 よく聞き取れません。

 → さて、この時、英語で何と言えばいいでしょうか?

<篠山さんの回答>
 “I'm sorry, but I lost you.
   Could you please repeat that?”
 (注:正しい英文ではありません)

<今日のストックフレーズ:ケース162>
 “I'm sorry, but you are breaking up. I didn't catch that.
  Please repeat.

 (すみませんが電話の音が途切れ途切れになっています。
  何をおっしゃったかわかりませんでした。
  もう一度お願いいたします


<公式サイトの解説>
 you are breaking up でイメージされているのは、 line
  (回線) が break up (切断) し続ける様子です。
 音が途切れ途切れになっていることを表しています。

<番組内の解説>
 ・「break up」について
  電話回線のコネクション(接続状態)について話している。
  「break up」は「切断される」こと。瞬時に起こる、瞬間
  の動作である。
  進行形は、ある程度の時間、その状況が続くことが前提
  である。
  今回のフレーズでは、「breaking up」と進行形になって
  いることで、接続の切れる動作が何回も繰り返されている
  → 途切れ途切れになっている状況を表現している。

  このフレーズが思い付かなければ、「I can't hear you.」
  と言うこともできる。
  しかし、この場合は、単純に「聞こえない」と言っている
  ので、相手としては、“声が遠いから、もっと受話器に
  近づいて話した方が良いのかも” と思うかもしれない。
  「breaking up」を使えば、間違いなく、回線が途切れ
  途切れになっていることを相手に伝えられる。

<ビジネス・ポイント>
 『相手の言ったことが聞き取れない時に、
  「I don't understand.」は使わない』

 ・「聞き取れなかった」と言う場合、
   → 「I didn't catch that.」を使う。
 ・「分からなかった」と言う場合、
   → 「I don't understand.」を使う。

 「聞き取れなかった」と言いたい時に「I don't understand.」
 と言う日本人がいるので、間違えないように要注意!

<今日のフレーズへの返答>
 畳業者のウォーリーさん →
 “Okay. I'm in a bad place. Let me call back.”
 (わかりました。電波が良くないところにいるんですよ。
  折り返します)



↓↓ 良かったらクリックをお願い致します♪ ↓↓
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ 

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

Amazon (アマゾン)
プロフィール

シロクマ

Author:シロクマ
ワーキングホリデー制度を使用しカナダのバンクーバーに約1年間滞在したこともありましたが…。
「私は英語が苦手なの」といつも言い訳ばかりで逃げている主婦(幼児3人を育児中)です。
マイペースにゆる~く英語を勉強しています。
2020年もブログ更新中!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
楽天市場
NHKテキスト
その他
フォトブック


年賀状プリント


写真プリント1


写真プリント2


宅配弁当惣菜


ポイント還元


ブランディア
お友達紹介キャンペーン

【co-opdeli】

通信教育